奈良市で任意整理の無料相談を弁護士や司法書士にする

奈良市在住の人がお金や借金の悩み相談をするならどこがいい?

借金返済の悩み

奈良市で借金・債務の悩み相談をする場合、どこがいいのか決めかねていませんか?
どうせ相談するなら、優秀な司法書士・弁護士がいる法律事務所や法務事務所を選びたいですよね。
このサイトでは、インターネットで無料相談ができる、お勧めの法律事務所・法務事務所を紹介しています。
奈良市にお住まいの方にも対応していますし、相談は無料なので安心できます。
いきなり直接相談するのは少し気後れする、という方にもおすすめです。
借金返済・お金で困っているなら、まず弁護士・司法書士に相談して、最善策を探しましょう!

奈良市に住んでいる人が借金や任意整理の相談をするならココ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

奈良市の借金返済・多重債務解決の相談なら、この事務所がおすすめ。
弁護士対応で、全国に対応している法律事務所。
初期費用が無料なので、今の手持ちがなくても安心して相談できます。
代金の支払は、分割払いにも対応しています。
弁護士への相談料はもちろん0円!
借金取り立てのSTOPもできます。
自己破産、個人再生、過払い金、任意整理、など、債務・借金について相談できます。。
しかも、365日24時間、いつでも受付可能です。
フリーダイヤル(通話料金0円)で相談受付することができるので、お金に悩んでいる方も今すぐ電話受付をすることが可能です。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩み、今すぐ!電話受付OK!



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(女性におすすめ!)
全国対応の、債務・借金の問題を相談できる法務事務所。
任意整理、自己破産、個人再生など、あなたに合ったやり方で多重債務・借金の問題を解決します。
それと、過払い請求は初期費用0円、取り戻した過払い金から精算できます。
任意整理においても、和解成功報酬や減額報酬などを一切支払わなくてよいため、安く解決が可能です。
債権者数が1、2件でも対応してくれるのも強みです。
女性専用の相談窓口(借金返済相談)もあるので、女性の人でも安心です。
まずは無料相談を。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はこちら↑↑
女性スタッフが丁寧に対応する、女性専用の窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はこちら↑↑



司法書士法人みつ葉グループ

司法書士法人みつ葉グループ

コチラも全国に対応している司法書士事務所なので奈良市に住んでいる方も大丈夫です。
こちらの司法書士事務所は、テレビやラジオへの出演、雑誌などでの執筆など、メディアにも多数取り上げられています。
人情派の司法書士とも呼ばれる代表の島田雄左司法書士は、大好きな映画「君の名は。」を映画館に6回も観に行き、その度に号泣してしまうほど涙もろい人柄。
債務整理の費用は分割払いが可能なので安心です。
職場や家族にバレないよう配慮も徹底してくれます。
借金返済の問題は、ひとりで悩まないで、勇気を出して無料相談してみませんか?

司法書士法人みつ葉グループ
司法書士法人みつ葉、電話
司法書士法人みつ葉

↑↑↑↑↑
人情派の司法書士へ無料相談



弁護士へ相談前の注意



他の奈良市周辺の法律事務所・法務事務所の紹介

他にも奈良市には複数の法律事務所や法務事務所があります。参考にしてみてください。


●はなしば法律事務所
奈良県奈良市花芝町16-1第2丸谷ビル2F
0742-20-0300
http://hanashiba-lo.com

●南都総合法律事務所
奈良県奈良市高天町10-1
0742-26-2100
http://nantosogo.net

●奈良弁護士会
奈良県奈良市中筋町22-1
0742-22-2035
http://naben.or.jp

●かえで司法書士事務所
奈良県奈良市西大寺本町2-20プラムキャッスル605
0742-30-1245
http://kaede28.com

●松本・板野法律事務所
奈良県奈良市登大路町11-1登大路プラッツ3F
0742-20-6686
http://matsumoto-itano.com

●ALEX綜合法律事務所
奈良県奈良市学園南3丁目1-5奈良市西部会館7階
0742-52-7330
http://alex-law.jp

●奈良学園前村上司法書士事務所
奈良県奈良市学園北1丁目14-5平本ビル3階
0742-81-3371
http://murakami-shihou.jp

●司法書士大野法務事務所
奈良県奈良市鶴舞東町2-11松下興産ビル301号
0742-52-0855
http://ono-houmu.com

●奈良県司法書士会
奈良県奈良市西木辻町320-5
0742-22-6677
http://narashihou.or.jp

●樋口司法書士事務所
奈良県奈良市秋篠三和町2丁目11-2
0742-44-5100
http://h-syoshi.com

●奈良合同法律事務所
奈良県奈良市登大路町36大和ビル4F
0742-26-2457
http://naragodo.com

●奈良駅前債務整理相談センター(奈良法律事務所)
奈良県奈良市中筋町5-1
0742-23-1875
http://nara-saimuseiri.com

●大阪芙蓉法律事務所(弁護士法人)
奈良県奈良市高天町48-5
0742-24-7751
http://osakafuyo.jp

●山本泰生司法書士事務所
奈良県奈良市芝辻町2丁目10-26新田村ビル2F
0742-36-0616
http://sihoshosi.com

●司法書士やまとみらい法務事務所
奈良県奈良市法華寺町1-5
0742-30-6360
http://yamatomirai.net

●M本司法書士事務所
奈良県奈良市東包永町71-2
0742-20-0550
http://daibutu.machimado.com

●上松法律事務所
奈良県奈良市花芝町6
0742-81-7162
http://ocn.ne.jp

●山岸憲一司法書士事務所
奈良県奈良市高天市町11-1
0742-20-1821
http://kcn.ne.jp

●森田功司法書士事務所
奈良県奈良市油阪町456MIT第2森田ビル4F
0742-22-1532
http://web1.kcn.jp

奈良市にある地元の法務事務所・法律事務所の門をたたき、直接相談するのもアリだと思います。
ただ、いきなり直接相談するより、ネットからの無料相談や「診断シミュレーター」などの方が、気後れせずに相談できるという方も多いのではないでしょうか。

奈良市在住で多重債務や借金返済に悩んでいる人

借金が増えすぎて返せなくなる原因は、たいてい浪費とギャンブルです。
パチンコや競馬など、中毒性の高い博打にのめり込み、借金をしてでも続けてしまう。
そのうち借金はどんどん大きくなって、とても返しようがない金額に…。
もしくは、クレジットカードやキャッシングで高級品やブランド物を買い続け、借金が大きくなってしまう。
ファッションやフィギュアなど、金のかかる趣味につぎ込んでしまうのも、「浪費」の内に入るでしょう。
自分が作った借金は、返す必要があります。
しかし、金利が高いこともあり、返すのが困難…。
そんな時ありがたいのが「債務整理」です。
司法書士や弁護士に相談して、お金・借金の問題の解決に最善の方法を探しましょう。

奈良市/債務整理のデメリットにはどのようなものがある?|任意整理

債務整理にも色んな手口があり、任意でクレジット会社と話合いする任意整理と、裁判所を介す法的整理の自己破産や個人再生等々のジャンルが有ります。
それではこれ等の手続についてどの様な債務整理デメリットがあるでしょうか。
これら3つの方法に同じようにいえる債務整理の欠点は、信用情報にそれ等の手続をしたことが載る事です。俗にいうブラックリストというような状態に陥るのです。
とすると、おおむね5年から7年の間は、カードが作れなくなったり又は借入が不可能になるのです。しかし、貴方は支払額に苦しみ続けこれ等の手続きを実施するわけなので、もう暫くの間は借入れしない方が良いのではないでしょうか。じゃローンカードに依存し過ぎる人は、逆に言えば借り入れが出来なくなる事で出来なくなる事によって救われると思います。
次に個人再生若しくは自己破産の債務整理のデメリットですが、官報にこれ等の手続きを行った事実が載る事が挙げられるでしょう。しかしながら、貴方は官報など見た事が有りますか。逆に、「官報とはなに?」といった人のほうが多数じゃないでしょうか。
実は、官報は国が作るする新聞みたいなですが、クレジット会社等々のごく一定の人しか目にしてません。ですから、「破産の事実が周囲の人々に知れ渡った」等といった心配はまずもってないでしょう。
最後に、破産特有の債務整理の不利な点ですが、1度自己破産すると7年間、二度と破産できません。そこは十二分に留意して、2度と破産しなくても大丈夫なように心がけましょう。

奈良市|自己破産にはやっぱりリスクがある?/任意整理

はっきし言って世間で言われるほど自己破産のリスクはそんなに多くないのです。高価な車やマイホームや土地など高価値な物件は処分されるのですが、生活するなかで必ずいる物は処分されません。
又20万円以下の預貯金も持っていても大丈夫なのです。それと当面の数か月分の生活費用百万円未満なら取り上げられる事は無いです。
官報に破産者の名簿として掲載されますがこれもごく一定の方しか見ないのです。
またいうなればブラック・リストに載って七年間程度の間はキャッシング若しくはローンが使用できない情況となるでしょうが、これは仕方がない事です。
あと定められた職に就職出来ない事もあるのです。ですがこれもごく特定の限られた範囲の職種です。
だから債務超過で返金することのできない借金を抱え込んでるのなら自己破産をすると言うのも1つの方法です。自己破産を実施したら今までの借金が全くチャラになり、新たな人生を始められるという事で良い点の方が大きいと思われます。
又自己破産者は公法上の資格制限として弁護士や税理士や司法書士や公認会計士等の資格は無くなります。私法上の資格制限として遺言執行者、後見人、保証人にもなれません。また会社の取締役などにもなれないでしょう。しかしながらこれらのリスクはあんまり関係がない場合が多いのではないでしょうか。リスクはあんまり大きなものではない筈です。